5-21-2019, 11:19 GMT+7

LAM DONG県の投資優待

 I. 土地・水面賃貸費の優待:

- 政府の2015年11月12日付の議定の118/2015/NĐ-CP 番号と発行された付属書にさだめる投資優待分野に基づく。
- 土地・水面賃貸費に関する政府の2014年5月15日付の議定の46/2014/NĐ-CP 番号の第18条、19条、20条の規則に基づく。



1. 下記の場合に対する土地・水面賃貸費の免被 :
1.1. 県の地方の投資する投資優待分野に属するプロジェクト。
1.2.管轄官庁が承認した工業区の作業者に向ける家宅の建設の為の土地使用 プロジェクト 。

1.3. 公共事業組織の事業工事建設土地、試験所建設土地、科学及び工学企業の工学耕種所の建設土地、実験所建設土地、実験生産所建設土地を含む関連条件を満たす科学及び工業企業の研究所建設土地。

1.4. 協同組合の本社建、被せる庭、倉庫の設敷地を使用する農業協同組合。農業・林産及び水産業の生産サービス設備の建設。

1.5. 承認された区画に基づく工業区、工業地区の設備の建設土地。

1.6. 承認されたプロジェクトの基礎建設工程に土地・水面賃貸費を免被しますが、土地・水面の賃貸決定がある日から3年間以内とします。

1.7. 教育、職業教育、医療、文化、スポッツ、環境の分野に属する営業目的で(社会化)の公共工事建設土地を使用するプロジェクト。
1.8. 基礎建設工程に土地・水面賃貸費を免被期間後に土地・水面賃貸費を下記の場合に免被します。

a) 投資優待分野に属するプロジェクト、区画、環境汚染による移転する経済組織の新営業所に対する3年間とします。

b)Bao Loc市の投資プロジェクトに対する7年間とします。
c) 県の各区の投資プロジェクト、投資優待分野に属するプロジェクト、Bao Loc市に投資する投資優待分野に属するプロジェクトに対する11年間とします。
d) 県の各区の投資優待分野に属するプロジェクト、Bao Loc市に投資する投資優待分野に属するプロジェクトに対する15年間とします。


2. 下記の場合の土地・水面賃貸費の減免:
2.1. 協同組合の営業生産敷地として土地の賃貸費は賃貸費の50%を減免します。
2.2. 農業、林業、水産業の生産の目的で使用する場合は天災・火災で生産量の40%を損害した土地・水面の賃貸は評価され、賃貸費を相当的に減免します。生産量の40%を損害する場合は損害年度の賃貸費を免被します。
2.3. 農業、林業、水産業の生産の目的ではなく使用する使用する場合は天災・火災又は不可能事故で土地・水産の賃貸費の50%を営業生産停止期間に減免します。

企業が農業・農村に投資することを勧奨政策に関する政府の2013年12月19日付の議定の210/2013/NĐ-CP番号に基づく農業・農村に投資するプロジェクトの企業所有税金に関する優待政策。

II.土地使用費の優待:

土地使用費の徴収に関する政府の2014年5月15日付の議定の45/2014/NĐ-CP 番号の第11条、12条に基づく。

III. 企業所有税金の優待:

2013年の企業所有税金に関する条件の改正・追加の法令に定める規則に基づく。
- 企業所有関税率は22%とします。
前項に定める企業所有関税率の22%を適用する場合は2016年01月01日から企業所有関税率の20%を適用します。
- 年利益が200億ドン以下達成した企業は企業所有関税率の20%を適用します。
前項に定める企業は企業所有関税率の20%を適用する企業を確認する利益は前年の利益です。

企業所有税務法を定めて、指導する政府の2013年12月26日付の議定の218/2013/NĐ-CP番号、企業所有税務法を定めて、指導する政府の2013年12月26日付の議定の218/2013/NĐ-CP番号の執行を指導する財務省の2014年6月18日付の通達の78/2014/TT-BTC 番号、企業所有税務法の条件の改正・追加の2014年11月26日付の法令の71/2014/QH13番号、政府の2015年02月12日付の議定の12/2015/NĐ-CP番号、税務及び財務省の2014年6月18日付の通達の78/2014/TT-BTC 番号の改正・追加に関する議定の条件の改正・追加の法令の執行に関して具体的に定める政府の2015年02月12日付の議定の12/2015/NĐ-CP番号に定める企業所有税務に関して指導する財務省の2015年6月22日付の通達の96/2015/TT-BTC番号、2014年8月25日付の通達の119/2014/TT-BTC番号、財務省の2014年10月10日付の通達の151/2014/TT-BTC番号に基づく。
1. 免税される所有:
- 協同組合の農産、水産の耕種、飼育、製造からの利益、Bao Loc市及び地方の農業、林業分野を営業している協同組合の利益、県の地方の企業の農産、水産の耕種、飼育、製造からの利益。

- 農業に具体的に服務する技術サービスの利益。

- 科学研究及び工学開発の契約書の執行の利益。
-少数民即、身体障害者に別に向ける職業教育事業の利益。
-資金を受ける企業、株式発行企業、合併、経済連結企業が企業税金を納金した後、国内企業と資金を出し合う業務、株式の募集、合併、経済連結業務の利益。

- 県の組織、個人に移転する優先分野の工学移転の利益。


2. 優待関税率 :

2.1. 優待関税率は10%、5年間以内とします。

- 県の地方の新投資プロジェクトを開発する企業の利益。
- 科学研究及び工学開発、ハイテック法に定める投資開発優先のハイテック科目に属するハイテック応用、ハイテック耕種、ハイテック企業のハイテック耕種を含む新投資プロジェクトを開発する企業、ハイテック法に定める投資開発優先のハイテック科目に属するハイテック開発の危険投資プロジェクトを開発する企業、ハイテック耕種所、ハイテック企業のハイテック耕種所の建設、営業の投資プロジェクトを開発する企業、法令に定める国家の大切なインフラの開発の投資プロジェクトを開発する企業、ソフト製品生産のプロジェクトを開発する企業、composit材料、小建設材料、希少材料、清潔なエネルギー、廃棄物の破壊からのエネルギーの生産、生物工学の開発、環境保管のプロジェクトを開発する企業の利益。
- ハイテック法に定めるハイテック企業、ハイテック応用企業の利益。

- 下記の基準を満たす開発優先補助工学製品の科目に属する製品生産に投資するプロジェクトを開発する企業の利益。
+ ハイテック法に定めるハイテック補助工業製品。

+ 国内で2015年01月01日まで製造しない紡織、革靴、電子・IT、機械製造の分野の製品生産を補助する工学製品。


2.2. 下記の場合に優待関税率の10%を適用します。
- 教育及び訓練、職業教育、医療、文化、スポッツ及び環境分野の社会化をする企業の利益。
- 販売、賃貸、賃借りの為の社会化建物の投資・営業プロジェクトを実現する企業の利益。
-森を植え、養護し、保管する業務、Bao Loc市の地方の農産・水産の製造、Bao Loc市の地方の林産品耕種、作物、動物の種子の生産、ハイブリッド、収穫後の農産保管投資、農産、水産及び食品保管の企業の利益。


- Da Lat市の農業、林業分野の事業をする協同組合の利益。

2.3. 下記の場合に10年間以内優待関税率の20%を適用する。
- Bao Loc市の新投資プロジェクトを開発する企業の利益。

- 農業、林業、魚業の生産に服務する機械、設備の製造、灌漑設備の製造、家畜・家禽・水産の餌の製造、精製、伝統的な職業の開発の新プロジェクトを開発する企業の利益。

2016年01月01日から前項に定める企業の利益は優待関税率の17%を適用します。
本項に定める優待関税率を適用する期間は企業の新投資プロジェクトが利益を取る初年からとします。
2.4. Da Lat市の農業、水産業分野の耕種、飼育、製造をする企業の利益は優待関税率の15%を適用します。

3. 免税、減税:
3.1. 下記の場合に税金を4年間免税し、次の年度の9年間の税金の50%を減税します。
- 各区の新投資プロジェクトを開発する企業の利益。

- 科学研究及び工学開発、ハイテック法に定める優先投資開発のハイテック科目に属するハイテック応用、ハイテック耕種、ハイテック企業の耕種、ハイテック法に定める優先投資開発のハイテック科目のハイテック危険投資、ハイテック耕種所・ハイテック企業耕種の建設・営業の投資、法令に定める国家の大切インフラ開発投資、ソフト製品製造、composit材料、小建設材料、希少材料、清潔なエネルギー、廃棄物の破壊からのエネルギーの生産、生物工学の開発、環境保管のプロジェクトを開発する企業の利益。

- ハイテック法に定めるハイテック企業、ハイテック応用企業の利益。
- 教育及び訓練、職業教育、医療、文化、スポッツ及び環境分野の社会化をする企業の利益。

3.2. 下記の場合に税金を最大2年間以内免税し、次の年度の4年間の税金の50%を減税します。

- Bao Loc市の新投資プロジェクトを開発する企業の利益。

-農業、林業、魚業の生産に服務する機械、設備の製造、灌漑設備の製造、家畜・家禽・水産の餌の製造、精製、伝統的な職業の開発の新プロジェクトを開発する企業の利益。

IV. 輸入出関税率優待:
Lam Dong県に投資プロジェクトの執行の投資者は輸入出関税率法の条項を具体的に定める政府の2010年8月13日付の議定の87/2010/NĐ-CP 番号の第12条、13条、14条、15条に定める輸入出関税率を優待させます。

V. Lam Dong県の優待政策:

1. Lam Dong県の職業教育補助政策
Lam Dong県にある戸籍住所がある労働者に対する職業教育に投資するプロジェクトの執行の目的であるLam Dong県に置く企業法に定める企業を成立する投資者は職業教育をLam Dong県人民委員会の2013年12月05日付の議定の56/2013/QĐ-UBND に基づいて補助します。具体的には下記の通りです。
- 補助総額:100.000ドン/人/週間又は400.000ドン/人/月
補助期間:1週間以上のコースの後の教育システムに基づきますが、3ヶ月過ぎしません。毎週間の教育期間は最小25時間、毎月に100時間とします。

企業は下記の者に職業を教育する時、25.000 ドン/人/週間又は100.000 ドン/人/月を補助します。

+少数民即とする労働者(その身分証明書に基づく)
+貧民、近貧民に属する労働者(貧民、近貧民の証明書を発行された)
+ 出軍した軍人、警察(出軍決定書がある)
+身体障害者(身体障害証明書がある)
+中央及び地方の急速及び強固貧民減少システムによる現行規則に定める特別難解地区に属する戸籍住所がある又は貧民区、貧民町に属する戸籍住所がある労働者。

2.2. Lam Dong県の社会化をする企業に対する土地賃貸費の減免、免ずる政策
総理大臣の2008年10月10日付の議定の1466/QĐ-TTg番号、総理大臣の2008年10月10日付の議定の1466/QĐ-TTg番号と発行された科目及びLam Dong県人民委員会の2016年10月27日付の議定の2343/QĐ-UBND 番号と発行された2016- 2020工程のLam Dong県の社会化分野の投資公募プロジェクトの科目の内容の改正、追加に関する政府の2013年5月06日付の議定の693/QĐ-TTg番号の規模基準を満たす社会化をする企業に適用します。

Lam Dong県の教育及び訓練、職業教育、医療、文化、スポッツ、環境及び司法検定分野を社会化する企業に対する土地賃貸費の減免、免ずる制度に関するLam Dong県の2016年02月05日に発行された議定の09/2016/QĐ-UBND番号に下記の通りに基づきます。
社会化をする企業に対する土地賃貸費の減免、免ずる

1. Da Lat市の各町を含む1地区:
- 投資優待特別分野に属する投資プロジェクトを社会化する企業は11年間の土地賃貸費を免ずます。

-投資優待特別分野に属するプロジェクトを社会化する企業は3年間の土地賃貸費を免ずます。
2. Bao Loc市の各区を含む2地区:
- 投資優待特別分野に属する投資プロジェクトを社会化する企業は15年間以内土地賃貸費を免ずます。

-投資優待特別分野に属する投資プロジェクトを社会化する企業は土地賃貸費を免ずます。
-投資プロジェクトを社会化する企業は7年間以内土地賃貸費を免ずます。

3. Duc Trong区のLien Nghia町、Di Linh区のDi Linh町、Lam Ha区のDinh Van 町を含む3地区:
-投資優待特別分野に属する投資プロジェクトを社会化する企業は土地賃貸費を免ずます。
-投資優待特別分野に属するプロジェクトを社会化する企業は11年間以内土地賃貸費を免ず、第12年から土地賃貸費の80%を減少します。
-投資プロジェクトを社会化する企業は7年間以内土地賃貸費を免ず、第8年から土地賃貸費の50%を減少します。

4.県の残り街を含む4地区:
- 投資優待特別分野に属する投資プロジェクトを社会化する企業は土地賃貸費を免ずます。
- 投資優待特別分野に属するプロジェクトを社会化する企業は11年間以内土地賃貸費を免ず、第12年から土地賃貸費の80%を減少します。
-投資プロジェクトを社会化する企業は7年間以内土地賃貸費を免ず、第8年から土地賃貸費の80%を減少します。

3. 利率の補助政策:
下記の分野の投資プロジェクトに対する。
- ハイテック応用農業。
- 農林産業の製造。
- 建設材料の製造。
人民委員会が承認した基準、現行規則を満たす場合、企業は商業銀行で借金する時、中期貸付利率と投資開発金融利率の差額を補助する。
(Lam Dong県の2012年12月07日付の書簡の6887/UBND-NN 番号に基づく。).

4. 他の補助政策:
- 投資、貿易及びサービスの促進の補助。
- 市場開発、ブランド登録、旅行のツアーの開発の補助。
- 情報提供、無料投資を公募する優待規制・政策の手続の補助。

(TIPC Lâm Đồng)

Video
.
.
.
.
qclp 3
qclp2
qclp
Hits count: 33,833,990